« あっという間に | トップページ | 今日は機材の話 »

2014年4月16日 (水)

受験生だったころの話

今年も早いものでもう4月になり、調査士として開業してはや一年がたったことに
驚きつつも、あっという間だったなと思う今日この頃ですが、皆様いかがお過ごし
でしょうか?

最近、うちの事務所にいる司法書士の先生と話していて、「受験生の頃はもっと
必死にやってた」という話になって、自分はどうかなと振り返ってみたくなったので、ちょっと振り返ってみます。

調査士を目指したのは・・・
・もともと大学が法学部だったので、法律の知識は多少あった。
・CADオペレータ-もやってたので図面を書くことも多少はできた。
・両方とも生かせる仕事がないかと探していたら調査士があった。

そんな感じで、今振り返ると
結構大雑把な理由かもしれない。

勉強としては専門学校(LECですね)に通いましたが、そこで講師だったのが
今一緒に法人を組んで仕事をしている石橋先生だったりします。

P4030197 石橋先生の図。(ブログに載せる旨、本人には了解取ってます)


最初の一年は、LECの生講義を受けていましたが、ほぼ1回も欠かさず受講
したと思います。通信講座で予習もしつつ、前の仕事を辞めて退路を断って
やってました。でも1年目は本番の書式問題でやらかしてしまい、不合格でした

二年目になると、一年目は貯金を切り崩して生活していたので貯金は無く、
知り合いの派遣会社で派遣の仕事を紹介してもらい、働きながら受験勉強
する事にしましたが、今思えばこれがプラスに働いたと思います。

そのメリットは
・仕事をしながらなので、生活費の心配をする必要がない事
(精神的に安定するので勉強に集中できたと思います。)

・時間が限られているので、時間の効率的な使い方を考えるようになった
(試験時間(2時間半)の間、集中できればよいと割り切れた)

それでも”合格できる”と手ごたえを感じたのは、試験の直前、8月に入って
からだった記憶があります。

といった感じで2年目に無事合格する事が出来て今日に至っているわけですが
あの時は本当に人生で一番勉強したんじゃないか?って位に勉強してました。
今やれと言われても、たぶんできないでしょうね。

そんな事を思い出し、初心に帰ってまた頑張ろうと思うのでした。




« あっという間に | トップページ | 今日は機材の話 »

コメント

はじめまして、時々お邪魔しています。
ボクも調査士開業目指し、先ずは試験合格へ向けて必死に学習しています。

ボクも早くこの学習期間を懐かしみたい…です。

また受験生時代ネタお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597196/59478367

この記事へのトラックバック一覧です: 受験生だったころの話:

« あっという間に | トップページ | 今日は機材の話 »